先制攻撃!レシーブアタックの打ち方

   

Pocket

レシーブアタックのコツ

 

レシーブアタックはうまく打てれば1発でポイントでき、前衛をけん制できる試合で有効な技術です。

ただし距離が短く、打てるコースもせまいため、リスクもあります。

今回はレシーブアタックのコツについて解説していきます。

 

動画で解説!

 

打ち方については動画をごらんください。

その下ではポイントをまとめています。

 

アタックの打ち方

 

レシーブアタックにしろ、ラリー中のパッシングにしろ、アタック用の打ち方と言うのはありません

レシーブで説明するなら、ふだんのレシーブをストレートに打つだけです。

フォームを変えたりとか、特別なことはしないです。

 

アタックは使いどころと気持ちの問題がほとんどです。

今回はそんなお話だと思ってください。

 

レシーブアタックのコース

 

レシーブアタックと言えばストレートパッシング!

と思っている人も多いですが、センターも有効です。

 

相手がストレートを重点的に守っているようなら、ガラ空きのセンターを狙いましょう。

センターなら後衛が届きますが、チャンスボールになることが多いです。

レシーブアタックのコース

ストレートだけじゃなく、センター(ミドル)も選択肢に加えておきましょう!

相手はアタックを警戒しているので、センターは意外と決まります。

 

アタックを打ってはいけないとき

 

いつでも好きな時にアタックを打っていいわけではありません。

打っていい時と、打ってはいけない時があります。

ここではその基準を説明します。

 

アタックを打ってはいけないときは、

  • いいサーブが入ったとき
  • サーブがセンターに入ったとき
  • ポイントで負けているとき

の3つです。

 

いいサーブが入ったとき

相手のサーブがよくて、余裕がないときはアタックをしてはいけません。

とくにファーストサーブが入ったとき

ファーストサーブが入ると、レシーバーの気持ちは不利になります。

なので、そんなときは無理に攻めないようにしましょう。

 

思い切ってスイングができないからです。

 

サーブがセンターに入ったとき

センターに入ったときはストレートに打ちにくいです。

アタックを打ってはいけないとき

かといって、ミドルは前衛に狙われている可能性が高いです。

 

センターにサーブが入ったら、レシーブアタックはあきらめた方がいいでしょう。

 

ポイントで負けているとき

1-3とか、1-2で負けているときにアタックを打ってはいけません。

 

たとえば、1-3で思い切ってアタックを決めたとしても、次取られてしまっては意味がないです。

アタックはたった1点ですが、前衛をけん制する意味もあるので、

  • 次のポイント
  • その次のポイント

にも効果を発揮します。

 

なので、せっかく決まっても次のポイントでゲームが終わってしまってはもったいないのです。

3-1、2-0などの有利なときに使うようにしましょう。

たとえミスったとしても切り替えができます。

 

2-2や1-1は、覚悟を決めたなら打ってもいいです。

ただ、外すと一気にピンチになるので、自信がないならやめておきましょう。

 

アタックが決まると気持ちもリードできるので、次のポイントも取りやすいです。

負けているときは気持ちでリードしにくいので、使いどころは注意しましょう。

 

アタックを打っていいとき

 

逆に、アタックを打っていいときの基準もあります。

  • セカンドがクロス寄りにきたとき
  • セカンドがはねたとき
  • ポイントが有利なとき

の3つです。

 

セカンドがクロス寄りにきたとき

セカンドサーブがサーブコートの真ん中よりサイド側にきたらアタックチャンスです。

できるだけ高い打点で狙いましょう。

 

セカンドがはねたとき

アタックは高い打点で打てば打つほど取られにくいです。

前衛からすると怖いからです。

 

逆に言うと、低い打点から打ったアタックは怖くないし案外取れます。

なので、高くはねたときはチャンスだと思いましょう。

センターに入ったセカンドが高くはねたら、センターがオススメですね。

 

ポイントが有利なとき

2-1や3-1など有利なときはアタックを打ってもいいでしょう。

気持ちに余裕がある方が決まりやすいです。

 

アタックの次のポイントも流れで取りやすくなります。

相手前衛をけん制できますので、勝っているときにアタックを打っておきましょう

負けているときは打てませんので、けん制するなら早いうちがいいですね。

 

1発目にアタック

 

試合開始1本目の後衛レシーブで、「必ず」レシーブアタックをしてくるチームがあります。

これは先ほども言った通り、まず最初に前衛をけん制しておこうというものです。

「負けているときは打てないから、最初に打っておこう」

って感じです。

 

そう指導されているチームでは、読まれていても100%アタックにきます。

この考え方は、僕は賛成です。

僕も1本目はほぼアタックです。

最初のレシーブの2オールもアタックです。

その次のレシーブゲームでも1本目はアタックです。

 

これは決めています。

迷うぐらいなら決めておいた方がいいです。

打つのが決まっているのなら、ふだんから意識して練習するようになります

アタックでミスるとすれば自分の気持ちの問題です。

 

だから、いつ打つか決めておいて、そのための練習をしておけば成功率が上がりますよ。

試合に自信がない人はレシーブの1本目をアタックと決めておきましょう。

それが決まるようになったとき、1まわり2まわり成長できます。

 

レシーブ前に決めておこう

 

「甘いところにきたからアタックしよう!」

って急に切り替えるとあせってミスになります。

アタックを打つときは、レシーブ前に決めておきましょう

 

ただし、その逆はOKです。

レシーブ前にアタックと決めておいて、もし打てなさそうならコースを変えればいいです。

 

打つ気がなかったけど、甘いボールが来たから打つ

っていうのはミスしやすいです。

打つ前に決めておいて、無理はしないようにしましょう。

 

まとめ

 

アタックの打ち方というのはないですが、使いどころとか考え方はいくつかあります。

肝心なところでアタックミスが多い人は、今回のところをよく考えてみましょう。

 

そうすればムダなプレッシャーや緊張がなくなり、楽に打てると思います。

その後の試合の流れを左右するので、ぜひ安定したアタックが打てるよう練習していきましょう!

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - サーブレシーブ