体の軸とテイクバック【ソフトテニス】

   

Pocket

体の軸とテイクバック

今回は体の軸とテイクバックについてお話しします。

今回重点をおきたいのは「体の軸」です。

軸が傾いていると不安定なボールになります。

当てはまっていたら軸をなおしておきましょう。

 

動画で確認!

 

動画でも説明しています。

ポイントを下でまとめています。

 

ラケットの引きすぎに注意

 

今回はフォームチェックの流れで解説しているので、先にテイクバックをお話しします。

ラケットを引きすぎ

上の例はテイクバックでラケットを引きすぎとなります。

相手から見て、ラケットを持つ手が背中側から見えたら引きすぎです。

 

赤の線を超えないように、テイクバックをコンパクトにしましょう。

写真のように肩を入れれば入れるほど、ラケットを持った手が後ろに行くので気をつけてください。

 

テイクバックをコンパクトにするには以下のページを参考にして下さい。

コンパクトレシーブ

ラケットの引きすぎをなおす

テイクバックまとめ

 

体の軸はまっすぐ

 

フォアハンドストロークの軸が傾いている

このように打っている場合は軸が傾き過ぎです。

これでは下からすくい上げるようになり、アンダーストロークになります。

 

スイングする時は体をおこしましょう。

「まったく傾けない」というのは言い過ぎですが、傾け過ぎに注意してください。

サイドストロークで逆クロスを狙う

体を傾けないなら、サイドストロークで打てるようになります。

上を目指すなら必ずサイドストロークを打てるようにしましょう

 

アンダーストロークはダメ?

ちょっと話がそれますが…

アンダーストロークはスピードボールを打つとアウトになります。

そして、前衛にコースを読まれます。

 

レベルが上がってくると、スイングで打つ方向がばれ、すべて止められます。

下から打つので、前衛にプレッシャーをかけることもできません

体の傾きをなおして、サイドストロークを打てるようにしましょう。

 

テイクバックで肩を水平に

 

フォアハンドのテイクバックで肩が下がる

テイクバックした時に、前の肩が下がるとその後のスイングも肩が下がります

肩はしっかり入っているので、前の肩が下がらないように意識するといいでしょう。

バックハンドのテイクバックで肩が下がる

バックでも同じです。

 

肩を入れる方法

前衛のバックハンドレシーブ

上のように、両肩のラインができるだけそろうようにしましょう。

それをなおすと体のひねりをボールにまっすぐ伝えられると思います。

 

まとめ

 

今回はテイクバックとスイングの注意点を取り上げました。

後輩や生徒に指導される方は、こういう事例と、修正点を知っておくといいと思います。

 

カンタンにまとめると、

  • テイクバックで引きすぎない
  • 肩は水平になるように

この2点を注意しましょう。

これがなおれば、パワーがまっすぐ前に伝わりますので、いいボールが打てるようになるでしょう。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - 練習のQ&A