膝を曲げるクセをつける方法

   

Pocket

膝を曲げるクセをつける

 

多くの人が悩む「膝が伸びる」問題。

シュートボールでは膝が伸びあがってしまうと当たりが悪くなり、不安定になります。

しかし、膝が伸びるクセがついていると、なかなかなおらないものです。

今回はクセをなおし、しっかりと膝を曲げられるような方法を紹介します。

 

動画で解説!

 

動画でも解説しています。

その下ではポイントをまとめています。

 

クセのチカラは強い

 

クセというのはもう無意識になってしまっているので、意識してもなおりにくいです。

気をつけているつもりでも、他の人から見れば「変わっていない」ということも多いです。

 

クセをなおすために1つ覚えておいてほしいのが「オーバーになおす」です。

どのクセもそうですが、オーバーに意識しないとなおらない、と思っておいてください。

クセだけじゃなく、新しい動きを試すときもそうですね。

 

膝が伸びるとダメ?

 

最初に、なぜ膝が伸びるとダメなのかお話しします。

シュートボールを打つときは膝を伸ばしてはいけません。

膝が伸びて打つとダメ

膝を伸ばすと目線がブレて、安定しません。

その説明については以下のページをごらんください。

膝を伸ばしてドライブをかける?

 

ロブは膝を伸ばして打ちます。

ロブの打ち方

 

シュートボールを打つときは、伸びあがらないようにしないといけません。

次はいよいよクセのなおし方を説明していきます。

 

膝を曲げる方法

 

膝を最後まで曲げるには、沈み込むように打つといいです。

沈み込んで打つ

テイクバックのときは当然曲げておいてください。

膝をある程度曲げた状態で、打った後さらに沈み込みます。

後ろの足の膝をななめ下に、地面に近づけるようにします

体重移動はしっかりしてくださいね。

 

かなりオーバーに見えると思いますが、足が伸びるのがクセになっている人はこれぐらいやって普通になります。

あとはその状態に慣れれば、いつの間にか意識しなくてもできるようになっています。

 

何でも一緒

 

今回は膝を曲げるというのを例にしました。

クセのなおし方は何でも同じです。

テイクバックでもそう。

ボールとの距離感もそう。

 

オーバーかなっていうぐらいやってみましょう。

クセはそれぐらいしないとなおりません

 

まとめ

 

膝を最後まで曲げるのは、足の筋肉をけっこう使うのでしんどいかもしれません。

ですが、少しガマンして慣れましょう。

筋肉がついてくれば、しんどくなくなってきます。

そうすれば意識しなくてもできるようになります。

 

コツはオーバーにやる、ということ。

他のクセのなおし方も同じなので、このやり方で乗りこえましょう!

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - 試合で勝つためのヒント