2つのセンターセオリー

      2016/07/26

Pocket

センターセオリーのタイトル画像

 

ソフトテニスのセオリーと言えば、センターセオリーが有名です。

一般的には、「攻めるならセンター」という認識ですが、今回は守りのセンターセオリーについてもお話しします。

1分で解説した動画も公開しました。

だいたいの内容だけ知りたい方はこちらの動画をどうぞ。

以下のページでは詳しく解説していきます。

 

攻めのセンターセオリー

 

なぜセンターを攻めるかというと・・・

  • 角度のあるボールが返ってこない
  • 後衛のバック側に打てる(相手が右利きなら)
  • 味方の前衛がプレッシャーをかけられる

の3つの理由があります。

 

角度のあるボールが返ってこない

センターから打った場合

上の画像のように、センターならそんなに角度のあるボールは返ってきません

サイドから打ったイメージ

しかし、この画像のように、サイドからならショートクロスに打ててしまいます

そうなると、後衛は大きく動かないといけません。

ショートクロスを警戒してポジションを外にとれば、ミドルも空いてしまいます

 

後衛のバック側に打てる

バック側に打てれば、前衛が動きやすくなります

 

トップ打ちもセンターが通りやすいです。

トップ打ちに対して前衛はどうしてもサイドを警戒するので、センターが空きます。

 

前衛がプレッシャーをかけられる

センターからは角度のついたボールが返ってこないので、前衛も動く範囲が狭くなり、いつもより1歩つめることができます

相手後衛からすると、かなりのプレッシャーになります。

 

守りのセンターセオリー

 

攻めだけではなく、守りでもセンターが効果的です。

理由は同じで、角度のついたボールが返ってこないからです。

 

ヤバイときはセンターにロブ

体勢がくずれた場合は、センターにロブをあげて立て直しましょう。

ただし、ベースラインの外側から打たせるぐらい深く打たないとチャンスボールになるので、気をつけましょう。

 

形勢逆転?

センターにロブを打つと、形勢が逆転することがよくあります。

なぜなら、前衛がプレッシャーをかけられるからです。

 

相手が前衛との勝負をイヤがって、ロブで振ってきても、角度がつかないので余裕で追いつけます

 

ポイントは1つ。

できるだけ深いロブをあげましょう。

それだけで、守りから一気に形勢逆転できます。

 

まとめ

 

センターセオリーは試合をするうえでは基本となります。

攻めの場面でも守りの場面でも使えますので、うまく使って試合を有利に進めましょう。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - 試合で勝つためのヒント