ローボレーの打ち分け【ソフトテニス】

   

Pocket

ローボレーの打ち分け

 

ローボレーは苦手な方が多く、質問も多いです。

今回はローボレーの打ち分けについて説明します。

ローボレーの上達のコツについても解説しますので、ぜひ最後までみてください。

 

動画で解説

 

動画でも解説しています。

 

手先で打ち分けない

 

手首を大きく動かして、面でコースを変えてしまうのはよくありません

毎回あたる場所が変わって不安定になるからです。

手先でコントロール

(手首でコースを変えた例)

 

特に、引っ張りの方向に打つときに手首を使ってしまう場合が多いですね。

こすったようになって当たりが悪い場合は、手首が動いてしまっています。

  • ネットが多い
  • 球がふいてしまう(浮いてしまう)

という場合も、手首が動いているかもしれません。

 

ローボレーを打ち分ける場合は、振り抜き踏みこみの方向を工夫しましょう。

 

スイングの方向を変える

 

その前にローボレーの復習ですが、縦回転はかけ過ぎないようにしましょう。

あまり縦回転を意識すると、手首が動いてしまいます。

回転のかけ方は以下で説明しています。

ローボレーの基本

 

はじめはフラットぎみに当てて、遅いローボレーから慣れていきましょう

いきなり速いローボレーを打とうとすると、手打ちになりやすいですからね…

 

ではスイングの方向についてですが…

引っ張りの場合はボールの外側を叩くようにして、その面を残して振り抜きます

流し派、ボールのやや内側を叩いて、同じく面を残して振り抜きます

ローボレーの引っ張りと流しのスイング

これが以下のように、インパクトと振り抜きで面を操作してしまうと、手打ちになります。

ローボレーの間違ったスイング

 

以下が実際に引っ張りに打った場合。

ローボレーの引っ張り

次は流しに打った場合。

ローボレーの流し

 

イメージですが、

  • 引っ張りはボールの外側を軽くこすり上げる感じ
  • 流しは押し出すように面を残す感じ

引っ張りのときは、手首で回転をかけないようにしてくださいね。

インパクトの瞬間グッと握って軽く回転をかけるぐらいにしましょう。

ラケット操作で回転やコントロールをしないようにしましょう。

 

踏みこむ方向でコントロール

 

ローボレーが苦手な方は、まず打ちたい方向に踏みこみましょう。

つまり、引っ張りに打つときは、引っ張りの方向に左足を踏みだす

ローボレーの引っ張りのスタンス

 

流しに打つときは、流しの方向に左足を踏みだす

ローボレーの流しのスタンス

 

打つ方向と踏みだす方向を一致させると押し負けなくなるので、コントロールしやすくなります。

よくあるのが、引っ張りに打つのにクローズの方向(流しの方向)に踏みこんでいるパターン。

打つ方向と違う方向に体が動いているので、余計に面が合わなくなるのです。

踏みこみとスイングの方向が違う

もちろん、こうしないといけない場合もたくさんあります。

  • 正面に来たとき
  • 遠くてギリギリキャッチしたとき

こういう場合は踏みこむ方向と打つ方向を同じにできないので、仕方ありません。

ただし、難しいプレーなのでどうしてもミスは増えます。

なので練習をたくさんして、ボールのコントロール力をつけるしかないです。

 

でもやはり、自分の打点で打てるようにステップを踏んで、スイングと踏みこみの方向を合わせてコントロールするのが基本ですね。

これが当たり前にできれば、難しいプレーもだんだんできるようになってきますよ。

 

 

ローボレー上達のコツ

 

ローボレーの上達のコツがあります。

 

それは、「たくさん練習すること」

当たり前ですが…

 

そもそもローボレーが苦手な前衛が多いのは、練習量が全然足りていないから。

前衛練習でやったとしても、3分とか5分とかじゃないですか?

それでは全然足りません

 

ラリーやサーブに比べて練習量は圧倒的に少ないはずです。

なので苦手だと分かっている人は、休憩時間とか朝練でたくさん打ちましょう。

 

後衛にあげボールしてもらうのでもいいですし、前衛がサービスラインからあげボールをして後衛に打ってもらい、それをローボレーしましょう。

後衛の1本打ちの練習にもなるので、イヤがられないと思います。

 

とにかく、苦手だと分かっているなら練習をたくさんする

言われると当たり前なのですが、そもそもそんなに練習をしていない方が多いです。

1日15分を1ヶ月続けてみてください。

絶対今よりうまくなりますから。

 

期待はずれかもしれませんが、ローボレー上達のコツでした。

 

まとめ

 

ローボレーの打ち分けは手先ですると安定しません。

まずはスイングと踏みこみの方向をできるだけそろえて、厚くインパクトする感覚を身につけましょう。

縦回転をかけようと思わずに、打ちたい方向にできるだけ面を残すとコントロールしやすいです。

 

ローボレーは練習不足で苦手なだけの場合が多いので、苦手な方は時間をつくってたくさん練習しましょう!

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - 前衛:ボレー&スマッシュ