ファーストサーブの勘違い

      2018/05/12

Pocket

ファーストサーブの勘違い

 

ファーストサーブを打つとき、何を考えていますか?

今回は、とある強豪大学で教え込まれているファーストサーブの注意点を内緒で紹介します。

 

大学名は伏せていますが、この情報は公開していいかどうか確認をとってません。

なので、一応内緒ということで。

 

速さが大事?確率が大事?

 

硬式テニスの試合を見ていると、強烈なファーストで点をとっていきますが、ソフトテニスではそうはいきません。

注意!の画像

硬式と違って、ネット付近で急激に速度が落ちるので、なかなかエースはとれません。

しかも、セカンドになると相手が強気になって、不利になることが多いです。

 

なので、強烈なサーブを打っても、デメリットが大きいのです。

まずそこを理解しておきましょう。

 

理解したうえで、ソフトテニスでは確率が重要になります。

エースが取りにくいので、多少ゆるいサーブでもファーストを毎回入れてプレッシャーを与えていくのです。

ゆるくてもファーストサーブが毎回入ると、かなりのプレッシャーになります。

 

ゆるいサーブでもいいの?

 

プッシュサーブのような、当てるだけのサーブはファーストサーブには向いていません。

しっかり振り抜きましょう

そうすれば、ゆるくてもプレッシャーを与えられるサーブになります。

 

エース狙いのサーブより、確率重視のサーブを目指しましょう。

 

なんでプレッシャーを与えられるの?

みんなファーストは速い、セカンドは遅いと思い込んでいます。

つまり、レシーブ側からすると、「ファーストは守り、セカンドは攻め」と脳が記憶しているのです。

プレッシャー

なので、遅いファーストでも、攻められているような感覚になるのです。

あなたも、ファーストはなるべくフォールトになってほしいと思ってませんか?

なので、毎回ゆるくてもファーストが入るだけで、プレッシャーを感じるのです。

 

どうやってゆるく打つの?

フォームは一緒です。

ただ、速く打とうと思わずに、できるだけチカラを抜いてしっかり振り抜くのです。

だいたい50%~70%ぐらいのチカラで打ちます。

 

慣れるとセカンドを上から打ってもダブルフォールトをほとんどしないぐらい入りますので、練習あるのみです。

 

 

サーブのコース

 

サーブのコースはほとんど決まっています。

後衛側なら、レシーブで角度をつけにくいセンターに打ちます。

けん制狙いでクロスに速いサーブを打つこともあります。

その場合だけは、エースを取りにいくつもりで速く打ちます。

 

前衛側ならネットから遠くなるように、逆クロスへ打ちます。

けん制として、たまにセンターに打ってもいいでしょう。

 

まとめ

 

以上がファーストサーブの注意点です。

エースをとるのはカッコイイですが、ソフトテニスでは難しいと思います。

なので、確率重視でいく方がいいでしょう。

 

今回の考え方はとある強豪大学の監督から聞いた話で、実際に僕もそう思っていますが、絶対ではありません。

結局はそれぞれの考え方次第なので、あなたが正しいと思うやり方を採用してください。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - サーブレシーブ