こんなグリップしていませんか?【NGグリップ】

   

Pocket

間違ったぐりっぷ

 

グリップは自然に握れるグリップがいいので、僕はあまり指導しません。

ですが、今回紹介するような「エクストリーム・ウエスタングリップ」だけは直すことをすすめています。

今回はNGなグリップの例と、なぜダメなのかというお話です。

 

動画で解説!

 

フォームチェックの一環で、サーブやバックハンドも説明しています。

そちらもぜひご覧ください。

 

エクストリーム・ウエスタンとは?

 

エクストリーム・ウエスタン

エクストリームとはこのようなグリップです。

手の甲が真下を向くグリップです。

詳しい解説は以下でやっています。

グリップの特徴

 

地面に置いたラケットを拾ったのがウエスタン。

そのままラケットをにぎる

そこからラケットを反時計回りに、グリップ1面分ずらしたグリップですね。

 

手の甲が真下を向いて、ボールの真後ろからチカラを入れられないので、パワーが出ません。

男子女子問わず、中学生に多い打ち方です。

 

グリップはウエスタンにしましょう。

一言でウエスタンと言っても、ラケットをほんの少し動かすだけで全然感覚が違います。

ウエスタンの範囲で打ちやすいグリップを探してみましょう。

イースタン寄りのウエスタン

僕はイースタンフォアハンド寄りのウエスタンです。

上のエクストリームと全然違いますよね。

ラケット面と手のひらが同じ方向を向いているので、パワーがでます。

 

バックハンドは打ちにくいですが、フォアが打ちやすいです。

ウエスタンからエクストリーム寄りなら、バックハンドは打ちやすいですが、フォアのこすりすぎに注意しましょう。

  • 一番チカラを入れやすい
  • 自分に合う

というグリップを見つけましょう。

 

エクストリームはなんでダメ?

  • 低い打点で打ちにくい
  • パワーが出ない
  • こすりすぎて、面が安定しない

というのが主な理由です。

 

ではなぜこのようなグリップになってしまうのかというと…

縦回転(ドライブ)をかけるように指導されるからです。

「アウトしないためにドライブをかけなさい」

という指導をされるため、

 

アウト=回転が足りない

 

となって、回転をかけやすいエクストリームになってしまうことが多いです。

 

ですが、実際は回転をかければかけるほど不安定になり、フォームが崩れてしまうのです。

ドライブの正しいかけ方は以下でまとめています。

ドライブのかけ方

 

これからは以下のように考えてください。

  • ボールの真後ろから打って、パワーを伝える
  • しっかりラケットに当てれば、アウトは減る
  • ドライブは少しかかるぐらいでいい

 

サーブのグリップ

 

グリップの話がでたので、サーブのグリップについてもお話ししておきます。

サーブでウエスタングリップだと、リバース気味のサーブになります。

はじめの方は打ちやすいのですが、それ以上スピードが出せません。

「回内、内旋」

という動きができないからです。

なので、サーブがフラットならイースタンフォアハンド(もしくはコンチネンタル)で持ちましょう。

バズーカサーブのグリップ

ちなみに、スライスならコンチネンタルですね。

コンチネンタルグリップ

ここでは持ちやすいイースタンフォアハンドで話をすすめます。

 

どうやって威力をだすかというと、何回か言っている「腕時計を見る動き」です。

違う表現をすると…

チョップをしてみましょう。

チョップ

親指が自分側に向いていますよね。

インパクトの瞬間に、その指を相手に向けます。

親指を相手に向ける

この動きをラケットを持ってやります。

実際の動きについては動画をごらんください。

 

そうすればさらにスピードがでますし、安定するようになります。

サーブではこの動きが基本になりますので、ぜひ覚えてください。

 

サーブの後ろ足に注意

 

サーブの話になったので、ついでにさらに脱線しておきます。

サーブの後ろの足が前にでないように

上の写真のように、後ろの足が前に出ないようにしましょう。

後ろの足が前に出るということは、体の回転が消えてしまっています

そして、手打ちになってしまう可能性が高いです。

前の足で着地

後ろの足は後ろに残しましょう

着地は前の足ですると、体のひねりを使えますので、よりスピードがでます。

 

まとめ

 

今回はエクストリームのお話をしました。

速いボールに対応できなくなってくるので、グリップを見直しましょう。

 

サーブもグリップが重要です。

グリップチェンジをしないといけませんが、やはり上を目指すならイースタンフォアハンドかコンチネンタルに慣れましょう。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - その他グリップなど