上達したいならドライブをかけるな!?【ソフトテニス】

   

Pocket

ドライブはいらない?

ドライブって、ソフトテニスではかなりはじめに教えてもらいますよね。

だから「ドライブは大事!」って思ってしまいがちです。

ですが、それが原因で上達が遅くなっている場合もあります

今回はその理由と、改善方法についてお話ししていきます。

 

動画で解説!

 

動画でも解説しています。

その下では文章でまとめています。

ドライブの何がいけないの?

 

ドライブ自体は必要な技術です。

「かけすぎ」がいけないのです。

 

ドライブは無理やりかけるものではなく、スイングしたら自然にほんの少しかかるものなのです。

 

ドライブで上達が遅くなる理由

これは「当たりが薄くなる」からです。

下から上にこすりあげるように打つと、カスッというような当たりになるんですね。

ドライブのかけすぎ1

ドライブのかけすぎ2

ドライブのかけすぎ3

こうなると、打球感が分からないんです。

ボールを手のひらで感じられない、とも言えます。

  • コントロールができない
  • ボールを打っている気がしない
  • 毎回感触が変わる

というのは、当たりが薄いからという可能性があります。

 

打球感が分かればコントロールできる

打っている感覚が手にしっかりあれば、コントロールするのは難しいことではありません。

速いシュートボールでも、ゆっくりとしたロブでも手ごたえ(打球感)を知っていればコントロールできます。

 

では手ごたえはどうしたら身につくのかというと…

「フラットに打つ」です。

フラットとは、無回転のボールを打つということです。

ドライブはいったん忘れてください

 

以下の写真のように、ボールを真後ろから思いっきりたたくイメージです。

フラットなインパクト

真後ろからボールをたたけば、フラットになります。

まずはこれで手ごたえを感じてください。

 

フラットで打つのは間違い?

 

フラットに打つとボールはほぼ無回転になりますので、当然アウトが多くなります

一直線に飛んでいくからです。

「じゃあフラットで打ったらダメじゃん」

となるんですけど、ここはいったんガマンしてください。

 

フラットで打てるようになってから、ドライブをかければいいんです。

だからまずはフラットで打つことだけを考えましょう。

アウトが増えても気にしてはいけません

 

なので、試合が近い場合はムリにフラットで打つ必要はありません。

2~4ヶ月試合がないときにやりましょう

 

フラットで打つコツ

 

フラットで打つには、テイクバックに気をつけましょう。

テイクバックは肩より高くしてください。

テイクバックは肩より高く

僕は頭より30cmぐらい高くしています。

 

肩より低いと、下から上にスイングしてしまいますし、高い打点で打てませんので。

 

あと、下から上にスイングするのがクセになっているなら、テイクバックを下げないように意識しましょう。

テイクバックが下がる

上の例は極端ですが、せっかくテイクバックを高くしても、打つ直前で落ちてしまっては意味がありません。

 

以下のように、できるだけテイクバックを下げずに、真横にスイングしてください。

テイクバックは肩より高く

テイクバックを落とさない

テイクバックを落とさずスイング

あとは面が上向いたり下向いたりしていなければ、フラットに打てます。

フラットに当たればまず音が変わりますので、いい音がなるように面を調整しましょう。

 

手首が動いてしまう場合

ドライブを手首でかけるクセがついてしまっている方は、以下の75ページの「ショートスイング」をやってみてください。

フォームの教科書

 

最後にドライブをかけよう

 

さて、フラットでインパクトする感覚が分かったのなら、次はドライブをかけていきます。

とは言っても、意識してかけるのではなく、自然にかけるようにします

ポイントは以下の2点です。

  • 打点を前にする
  • 振り抜きを速くする

打点を前にする

打点が体の横にあると、自然なドライブはかかりません。

あと、ボールとラケットの触れる時間が長くなるため、コントロールが悪くなります。

 

なので打点は膝よりも前にしましょう。

ボールとラケットが触れるのは一瞬でOKです。

その方がコントロールしやすくなります。

その一瞬にチカラをこめて、バチン!とボールをたたきましょう。

 

振り抜きを速くする

意外と多いのが、インパクト後にスイングスピードが遅くなるパターンです。

ここでスピードが落ちると、ドライブはかかりません。

インパクト後のスピードを一番速くするイメージで、最後まで振り抜いてください。

 

ドライブまとめ

 

以上の2点をやってもらえれば、自然とドライブはかかります。

ちょっとかかればOKなので、あまり意識してやらない方がいいかもしれません。

 

今回は説明を省きましたが、体重が後ろにあるとドライブどころか、フラットに打つこともできません

なので、「体重は前」ですね。

ただ、体重移動って難しいものです。

できない!って方は以下の方法をお試しください。

これで最低でも体重が後ろになることはありません。

押し負けにくくなるし、打点も安定するし、ドライブもかかりやすくなります。

 

あと、以前説明したドライブのかけ方も参考にしてもらえればと思います。

カンタンなドライブのかけ方

どちらかと言うと細かい技術なので、上の説明でできた方は意識しなくてもいいかと思います。

 

まとめ

 

ドライブは確かに重要ですが、意識しすぎると上達が遅くなる場合があります。

練習の順番としては、

  1. フラットにインパクトする感覚を身につける
  2. 振り抜きで少しだけドライブをかける

という順番の方が、はるかに上達スピードが早いです。

 

はじめはアウトが増えるかもしれません。

しかし、フラットで打つと手ごたえがありますので、コントロールする感覚が分かるようになります

試合まで時間があるなら、ぜひ取り組んでみてください!

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - フォアハンドストロークの基本