引っ張りと流しの悩み

   

Pocket

引っ張りと流し

打点を前にして引っ張りなさいとか、打点を遅らせて流しなさい、ということを言われるかと思います。

今回は引っ張りと流しのお話しです。

 

動画で解説!

 

動画でも解説しています。

どちらでもお好きな方をご利用ください。

 

引っ張りとは?流しとは?

 

流しと引っ張りの違い

引っ張りは右のように、足はストレートに向いていますが、そのままクロスに打つことです。

つまり、まっすぐより左側を打つことですね。

流しは逆で、まっすぐより右側に打つことです。

 

一般的な傾向としては、

  • 男性は引っ張りが得意な人が多い
  • 女性は流しが得意な人が多い

と言われています。

 

流しが打てません!

 

という質問をいただきました。

これ実は難しい質問です。

 

この方は引っ張りは打てるそうです。

もしあなたが基本がある程度できていないなら、流しを練習しない方がいいと思います。

流しの方は、引っ張りを練習しない方がいいと思います。

 

なぜなら、フォームが崩れるからです。

引っ張りの方が中途半端に流しを練習すると、打点が近くなったり、手打ちになってしまう可能性があります。

流しの方が中途半端に引っ張りを練習すると、手首をいためたり、こするように打つクセがつく可能性があります。

 

まずは基本をしっかりやって、フォームを固めましょう。

引っ張りの方は、まっすぐと引っ張りを自信を持って打てるようにしてください。

流しの方はまっすぐと流しを自信を持って打てるようにしてください。

 

試合で困る…

 

打てないコースがあると試合で前衛に狙われてしまいます。

ですがご安心ください。

まっすぐと引っ張り、もしくはまっすぐと流しの2種類を打てれば、コートの全範囲を狙うことができます。

 

まっすぐと引っ張りで狙う

引っ張りの打ち分け

まず引っ張りの方のクロスでは、足をストレートに向けておくと、

  • 引っ張ってクロス
  • まっすぐでストレート

に打てますよね?

上の画像のクロス側です。

 

逆クロスでは体を閉じて、まっすぐ打てば逆クロスに飛ぶように構えます。

ストレートに打つときは引っ張ればOKです。

 

これで全範囲に打てます。

 

まっすぐと流しで狙う

流しの打ち分け

流しの方は逆クロスが得意です。

逆クロスでは足をストレート方向に向けておくと、

  • 流して逆クロス
  • まっすぐでストレート

に打つことができます。

 

クロスでは体を開き気味に構えれば、まっすぐ打つとクロスに、流せばストレートに打つことができます。

 

これで全範囲に打つことができます。

 

得意なコースを極めよう

 

最終的には足を相手コートのセンターに向けて全方向に打てるようにしましょう

まだ基本ができていないっていう場合は、まず自分の得意なコースを極めましょう。

今回説明した方法なら今のままでも全範囲を狙えます。

 

引っ張りの打ち方、流しの打ち方はまた別のページで解説しようと思います。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - フォアハンドストロークの基本, 練習のQ&A