【ボレーのコース打ち分け】引っ張りと流しのコツ

   

Pocket

引っ張りと流しボレー

 

 

せっかくボレーしてもコースが甘いとフォローされてしまいます。

流すボレーと引っ張りのボレーのコツはラケット面です。

カンタンにコース打ち分けをできるので、フォローされないボレーを手に入れましょう。

 

動画で確認!

 

動画でも解説しています。

お好きな方をご利用ください。

 

ボレーの打ち分けコース

 

ボレーは流すか引っ張るかでコースを決めます。

展開やコースによって変わりますので、以下に画像でまとめておきます。

(ストレート展開も同様の考え方です)

 

クロスの流しフォアボレー

クロス展開の流しボレー

 

クロスの引っ張りバックボレー

クロス展開の引っ張りバックボレー

 

逆クロスの流しバックボレー

逆クロスの流しバックボレー

 

逆クロスの引っ張りフォアボレー

逆クロス展開の引っ張りフォアボレー

 

ボレーの打ち分け方法

 

流しと引っ張りの違いはインパクトのラケット面です。

  • 流しなら縦面でインパクト
  • 引っ張りなら横面でインパクト

たったこれだけです。

 

写真で見ていきましょう。

 

フォアの流しボレーは縦面です。

フォアボレーの流し打ち

 

バックの流しボレーも縦面

流しのバックボレー

 

フォアの引っ張りボレーは横面

引っ張りのフォアボレー

 

バックの引っ張りボレーも横面です。

引っ張りのバックボレー

 

打ち分けの注意点

 

上の写真をみてもらええば分かりますが、インパクトは体の近くにしましょう。

体から離れていると打ち分けはかなり難しくなります。

縦面で打とうと思っても、打点が遠いとどうしても横面になりますからね。

  • 体の近くで縦面
  • 体の近くで横面

で打ち分けるようにしましょう。

フォアボレーの流し打ち

体の近くでボレーするのは怖いかもしれませんが、トップ打ちでもない限り顔には当たりません。

思い切ってボレーに出ましょう。

もし顔に当たるなら、ラケットを引きすぎです。

最小限の動きでボレーしましょう。

 

どうしても体の近くで打てないなら、ボールを追いこす勢いででましょう。

実際には追いこせないため、ちょうど体の近くでボレーできます。

 

もし相手がミドルよりに打ってきた場合は、とっさに手を伸ばしてなんとか取りましょう。

その取り方はまた別ページで説明します。

まとめ

 

今回は流しと引っ張りの打ち方を解説しました。

ポイントはラケット面の向きです。

  • 流しなら縦面
  • 引っ張りなら横面

で打つようにしましょう。

 

体の近くでボレーしないと打ち分けは難しいので、ボールを追いこす勢いで足を動かし、体の近くでボレーしましょう。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - 前衛:ボレー&スマッシュ