前衛のサービスダッシュでプレッシャーをかけよう!

   

Pocket

サービスダッシュの打ち方

 

サービスダッシュは相手にプレッシャーを与えることができるので、ローボレーが得意な人はぜひ取り入れてほしいです。

いくつか注意点がありますので、今回はサービスダッシュのポイントをまとめようと思います。

 

動画で解説!

 

動画では打ち方を中心に解説しています。

このページでは考え方を中心にまとめています。

 

サービスダッシュの考え方

 

ここでは打ち方の前に、基本的な考え方を紹介します。

  • サーブのポジション
  • サーブのスピードとコース
  • レシーブの対応

この3つについてです。

 

ちなみに、ローボレーに自信がない人は、サービスダッシュの前にローボレーをマスターしましょう。

ローボレーの打ち方はこちら

 

サーブのポジション

サーブを打つポジションはややセンター寄りです。

サイド寄りから打つと、単純に走るキョリが長くなります。

距離が長いポジション

どの方向に走るかはサーブのコースによって変わりますが、基本的にはセンターマークから1~2mぐらいです。

サービスダッシュのポジション

目的の場所に最短キョリで走る方がいいですよね。

 

サーブのスピードとコース

クロス側はセンターを狙うと角度をつけられにくいです。

しかも相手からすると、とても圧迫感を感じます。

サーブのコース

 

逆クロス側は、相手によります。

バックハンドのミスが多そうならコーナー、バックハンドが上手で逆クロスのきついコースを狙われそうならセンターがオススメです。

 

スピードは遅めでOK。

あまり速く打ちすぎると、全然前に行ってないのにレシーブが返ってきます

スピードで押してスマッシュを狙うつもりならいいですが。

できるだけ前につめられるように、スピードは加減しましょう。

 

ちなみに、サービスラインで止まらないといけないって思っている人もいますが…

相手がスイングを開始する直前に止まっていればいいので、余裕があるならもっと前に詰めましょう。

その方が足元を狙われません。

 

レシーブの対応

今回はクロスのレシーブを例にします。

前衛が取るべき場所は、

  • 自分のいる場所
  • センター
  • クロス

の3コースです。

 

一番警戒するべきコースは?

やはりクロスのきついコースです。

前衛レシーブ側ならきつい逆クロス

ここは止めないといけません。

レシーバーはここをけん制するために狙ってきます。

 

これをなんとか取ってポイントにつなげれば圧倒的に有利になりますし、抜かれればやりにくくなりますね。

 

だからこのコースをつねに警戒しておきましょう。

かといってクロス寄りにポジションをとると、センターをガンガン抜かれて後衛が大変なので、ポジションは思い切ってややセンター寄りにしましょう。

レシーバーから見て

「クロス空いているけどちょっと狭いかな~」

と思われるぐらいが目安です。

 

だから相手がそこを狙うときは、パッシングのような気持ちで打ってきます。

つねに警戒して、打たれたら反応できるようにしましょう。

警戒していないと、100%反応が遅れて間に合いません

 

自分の正面はちょっと警戒していれば取れます。

センターも、もし取れなくても後衛がいます。

 

警戒度は、

クロス:正面:センター=5:2:3

ぐらいです。(僕の感覚なので、個人差はあります)

 

ボレーのコースは?

甘くゆるいボールが来たら、やや強めのボレーで前衛の近くを通してもいいです。

これができれば次相手は自分の方に打ってきにくくなります。

そうなれば次はもう少しセンター寄りに走って行ってプレッシャーをかけることもできますね。

 

きついボールが来たら、とりあえず返しましょう

前衛に取られないように、後衛前に深く返してミスしないことを優先させます。

 

サービスダッシュのフォームの注意点

 

打ち方についてはふつうのサーブと同じです。

サーブの種類も何でもいいです。

 

注意点は打ったあとの足です。

右足で着地

上の写真のように、右足で着地すると体の回転が消えてしまい、手打ちになりやすいです。

うまい選手でもこういう方はいますが、あまりオススメはしません。

やりやすくて安定するならいいですが。

 

サービスダッシュの着地

このように左足で着地して走りだすようにしましょう。

 

ちなみに、スムーズにスタートを切るためにも、トスはやや前にするといいです。

 

打ち方の説明は少し雑ですけど、その辺は動画でご確認ください。

今回は長くなったので、省略しますね。

 

まとめ

 

サービスダッシュは非常にスピード感がある攻めができます。

ローボレーが得意な前衛が使うと、本当に試合がしにくいです。

 

打つ前にしっかりコースやそのあとのプレーを考えておきましょう。

あとは慣れです。

数をこなしてパターンを覚え、自信をつけてください!

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - サーブレシーブ