ファーストサーブのインパクト:3つのコツ

   

Pocket

サーブのインパクト

 

フォームはきれいなのに、インパクトで力んで台無しになっていることがあります。

今回はファーストサーブのインパクトのコツについてお話をします。

 

動画で解説!

 

動きは動画の方が分かりやすいと思います。

その下ではポイントをまとめておきます。

 

インパクト前のカタチ

 

スイング前は「ツイストロック」のカタチ、というのを以前説明しました。

なにそれ?

って方は以下にリンクを貼っておきますので、ご確認ください。

ツイストロック

 

以前は解説していませんでしたが、

  • 左手
  • 左肩
  • 右肩
  • 右ひじ

が一直線になるようにしましょう。

サーブ前の構え

 

ラケットは上を向いた状態で、グリップは電話をかけるみたいに耳の近くにセットし、離れすぎないようにしましょう。

 

これが打つ前の準備となります。

 

ひじを上げてパワーを生み出す

 

その準備ができたら、肘を耳につけるようなイメージでボールに向けて振りだします。

そうすると以下の写真のように、ラケットが下を向きます。

肘を近づける

これでラケットが加速します。

 

以下のように肘と耳が離れすぎていると手打ちになりますので、気をつけましょう。

サーブの手打ち

 

着地の足に注意

 

サーブの着地の足に気をつけましょう。

  • 右利きの人は左足で着地
  • 左利きの人は右足で着地

です。

サーブの着地の足

 

これが逆になると体が同時に回転してしまい、まったく勢いがでません。

逆の足で着地

 

サーブのプロネーションについて

 

フラットサーブのスピードと安定のカギとなるのがこの動きです。

以下で解説しているので、まずご確認ください。

 

さて、この動きについて別の角度でお話ししていきます。

 

まずグリップはイースタンかコンチネンタルです。

サーブのグリップ

フライパン持ちのウエスタンと、包丁持ちのコンチネンタルのあいだです。

 

ウエスタンではできませんので、サーブのときはグリップチェンジしましょう。

 

この状態で正面を向いて振ってみると、面が横向いてしまいます。

サーブの面が横向き

じゃあどうすればまっすぐ飛ぶかというと…

以下のように腕をひねると正面をむきます。

プロネーション

 

この動きがプロネーションです。

今回は正面向いて説明しましたが、それを横向いてやればいいだけです。

 

以下はスマッシュの打ち方ですが、そこでもこの方法を別の言い方で解説しているので、よくわからなかった方は以下も参考にしてもらえたらと思います。

プロネーションを使ったスマッシュ打ち分け

 

ちなみに、プロネーションだけをやれば、振り抜き(フォロースルー)は右側になります。

(左利きなら左側)

ただ、実際サーブを打つと逆にいきますよね。

 

これはどういうことかというと…

肩の入れ替えがあるからです。

 

打つ前は以下のような感じで、

クイックサーブのテイクバック

打った後はこうなります。

右足で着地

肩が前後入れ替わっています。

肩が入れ替わると体の回転が生まれますので、できていない方は意識してみてください。

 

この入れ替えをするとフォロースルーは正しい方向(左側)になりますね。

 

まとめ

 

内容は地味でしたが、意外とできていなくて不安定になっている人が多いです。

いくつかポイントをまとめましたので、一つ一つチェックしてもらえたらと思います。

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - サーブレシーブ