テイクバックのカタチ【フォアハンドストローク】

      2016/07/26

Pocket

テイクバックのカタチのタイトル

 

今回はテイクバックのカタチを解説します。

ラケットを引いて、足をきめたときの全体のカタチです。

テイクバックをしっかりできているとグッとチカラをためることができ、勢いのあるボールが打てます。

 

動画で解説

 

まずはこちらの動画をごらんください。

動画の下では、まとめや補足を書いています。

 

 

構え~テイクバック

 

テイクバックですることは、

  • ラケットを引く
  • パワースポットをつくる

この2点です。

この2つさえできれば、どんなボールでも打てます。

パワースポットについてはこちら

 

1つの流れとして覚えておきましょう。

 

ラケットを引く

相手がボールを打ったら、落下地点まで近づいて右足を決めます。

そして踏みこんで打つという流れになるのですが…

パワースポットを右に作る

ラケットは右足を決めるまでの間に引いておきます。

細かく言うと、

相手がボールを打った瞬間に引きはじめ、右足をきめる前にはほぼ引き終わるようにしましょう。

 

バウンドしてから引くと振り遅れます

右足を決めたときにはラケットを引き終わり、ボールを待ち構えます。

 

パワースポットをつくる

右足をきめたと同時に体をひねり、パワースポットを作りましょう

ここでグッとパワーをためると勢いのあるボールが打てます。

 

かならず膝をまげてください。

膝を曲げて体をひねればパワースポットができます

 

膝はずっと曲げておく

 

ストロークを打つときは、構えのときから膝を曲げておきます。

移動中も目線が上下しないように、低めの姿勢で走ります。

そして、そのまま右足を決めて打ちます。

 

構えからインパクトまでは目線が上下に動かないようにしましょう。

(ロブは打つときに膝が伸びます。)

「目線を気にせずに動いている…」

っていう方は、これを意識するだけでブレるのをおさえられます。

 

テイクバックその他の疑問

 

そのほかの疑問は、別ページで説明しています。

 

まとめ

 

ソフトテニスでは構え~テイクバックで、いいボールがいくか、ミスするか決まります

それぐらい大事です。

試合でいちいちテイクバックを意識していられませんので、無意識でできるように練習しましょう。

 

それでは、今回はこのへんで。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - フォアハンドストロークの基本