高速スライスサーブの打ち方とは?

   

Pocket

スライスサーブの打ち方とコツ

 

ソフトテニスでは基本的にフラットサーブなので、スライスサーブをとり慣れていない人も多いです。

背が低い方、速さよりも確率を上げたい方にオススメです。

今回は試合で使えるスライスサーブの基本について説明していきます。

 

動画で解説!

 

まずは動画をごらんください。

その下でポイントをまとめています。

 

スライスサーブの特徴

 

ボールに横回転をかけるサーブです。

右利きのスライスサーブはに曲がっていきます。

なので、

  • クロス側ならクロス
  • 逆クロス側ならセンター

に打つのが効果的です。

スライスサーブのコース

クロスから打つときはサイド寄りに構え、逆クロスから打つときはセンター寄りから打つといいでしょう。

 

たくさん回転をかけるのもいいのですが、回転をかけるほど遅くなります。

回転に慣れてくるとチャンスボール気味になるので、ここでは高速スライスサーブをご紹介します

 

スライスをかけるグリップ

 

スライスサーブを打つときは包丁持ち(コンチネンタル・グリップ)です。

コンチネンタルグリップ

他のグリップでは回転をかけられませんので、慣れないかもしれませんがコンチネンタルで持ちましょう。

慣れれば一番パワーがでるグリップです。

 

スライスサーブのトス

 

トスはやや右側にあげます。

あまり横すぎると打ちにくいので、ななめ前ぐらいで調整します。

スライスサーブのトス

トスはチカラを抜き、やわらかく上げましょう。

 

内旋と回内を使う

 

以前サーブの威力を上げるコツということで、腕のひねりという部分でお話しした、「腕時計を見る動き」を使います。

回内と内旋の前

↓↓↓

回内と内旋の後

 

この動きだけならフラットサーブのようになります。

まずはこの動きを覚えてください。

この動きだけでもサーブはある程度入ればOKです。

(僕はコンチネンタルではないので、動画では変な方向に飛んでます…)

 

スイングでスライスをかける

 

上の回内と内旋の動きで勢いがでますので、ラケットを振り抜く方向で回転をかけます。

スライスのスイング

右斜め上方向に振り抜きましょう

もしくは右側に振り抜くといいでしょう。

 

腕時計を見る動きをしながら、右斜め上に振り抜くという動きを同時にします

慣れるまでは感覚が難しいとは思いますが、その動きをマスターしてください。

 

間違っても手首で回転をかけないでください。

手首でかけると、緊張した時に感覚がわけ分からなくなります。

また、スピードもでませんので、腕時計を見る動きで打つのがコツです。

 

まとめ

 

今回は試合で使える高速スライスサーブを説明しました。

フラットサーブと違うのは、

  • トス
  • スイング

の2つです。

 

腕時計を見る動きは意外だったかもしれませんが、これをしないと回転だけの安定しないサーブになってしまいます。

まずはその感覚を身につけましょう。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - サーブレシーブ