安定したストロークは腰の回転を意識!

   

Pocket

腰の回転でストローク力アップ

 

ファーストサーブのレシーブとか、相手のシュートボールなど、速いボールを打たれるとあたふたしてしまいがちです。

そうなるとしょうもないミスにつながります。

速いボールが来たときこそしっかりと腰の回転を使いましょう。

今回は腰の回転をしっかり使うためのコツをご紹介します。

 

動画で解説!

 

動画でも解説しています。

その下ではポイントをまとめていますので、お好きな方をごらんください。

 

速いボールを返せない…

 

速いボールを打たれると、「合わせるだけ」という人も多いでしょう。

速いボールが来ると、ボールをよく見ようとして体が開きがちになります。

体が開きすぎている

こうなると100%手打ちになります。

手打ちだと相手のボールに押し負けてラケットがぶれてしまいます

だから安定しないのです。

 

押し負けないためにも、構えた時に体をしっかりひねる必要があるのです。

 

押し負けない"体のひねり"を作る方法

 

やり方は簡単です。

肩を入れる方法

(右利きの場合)左手をできるだけ遠く、ベースラインやサービスラインに平行になるように伸ばすだけです。

ちょっとオーバーですが、焦っているときはこれぐらい意識するとちょうどです。

 

その時に手のひらを相手に見せましょう

そうすると、より肩がしっかり入ります。

時間がなくてもしっかり肩は入れる、それが速いボールに押し負けないコツです。

 

バックハンドで腰の回転を使う方法は以下をごらんください。

バックハンドの手打ちをなおす方法

 

ラケットの引きすぎに注意

 

肩を入れるとその分ラケットを引きすぎてしまう場合があります。

テイクバックのところでも言いましたが、相手からみて自分の背中側からラケットが見えるようでは引きすぎです。

テイクバックの引きすぎに注意 

 

引きすぎるとスイングが遅くなりますので、それだけ注意です。

肩を入れたとき、どの位置にラケットがきているのか確認しておきましょう

 

レシーブでも体をひねろう

 

レシーブでも一緒です。

ベースラインからのストロークと違ってキョリが短いですが、やはり肩はしっかり入れましょう。

 

レシーブではふつうよりもさらにテイクバックの引きすぎに注意しましょう。

レシーブのテイクバックはコンパクトにしないと振り遅れます

コンパクトなレシーブについては以下のページをごらんください。

コンパクト・レシーブ

テイクバックが安定しない場合

 

オープンスタンスでも体をひねる

 

最近ではラケットの性能があがり、オープンスタンス気味でもいいボールが打てるようになってきました。

相手がよく見えるので、僕もややオープンスタンスです。

 

ですがその一方で、肩の入りが甘く、手打ちになっている人も多いです。

オープンスタンスなら、より意識して体のひねりを使いましょう。

オープンスタンスでは肩をしっかり入れる

 

まとめ

 

ソフトテニスのボールは軽いですが、肩をしっかり入れて腰の回転を使わないと押し負けます。

速いボールで時間がなくても、肩はかならず入れましょう。

 

左手をうまく使えば体のひねりを作れます。

体をひねるとテイクバックが大きくなって振り遅れる可能性もあるので、体をひねった時のラケットの位置も確認しておきましょう。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - 試合で勝つためのヒント