テイクバックが安定しないときは…【フォアの疑問】

   

Pocket

安定するテイクバック

 

テイクバックを安定させることができれば、思い切って打つことができます。

できる人は考えないことですが、テイクバックが安定しない人はなかなか安定しません。

今回は超ラクな方法でテイクバックが安定する裏ワザをご紹介します。

 

動画で解説!

 

まずは動画をごらんください。

その下ではポイントをまとめています。

 

テイクバックが不安定な原因

 

もうできている人はなにも思わないでしょうが、コツをつかめていない場合はテイクバックがなかなか安定しません。

その結果スイングに集中できなかったり、ブレてショットが安定しなくなります。

原因は「体の中心から離れすぎている」です。

不安定なテイクバック

テイクバックを大きくすると、どうしても体から離れます。

人間は体から離れるほどコントロールできません

 

なので、安定させるには体の近くでテイクバックしたらいいのです。

どういうことか説明していきます。

 

テイクバックは上げるだけ

 

ラケットを引くのではなく、あげるだけにします。

手が頭の上になるぐらい上げるといいです。

テイクバックは上げるだけ

そのまま横向けばブレないテイクバックになります。

大きく引くテイクバックと比べて体に近いところでテイクバックしています。

近いところでテイクバック

 

ただし、後ろに引かない分パワーが減ります。

なので、しっかり肩を入れましょう

肩をいれてテイクバック

 

詰まらない?

腕が縮こまっていると打点が近くなって詰まりますが、このテイクバックなら脇もあいていますし、腕も伸びているので大丈夫です。

縮こまったテイクバック

こんな感じにならないようにしましょう。

手が頭の上になるぐらい思い切って上げると安定しやすいです。

 

ラケットの角度を固定する

 

ラケットの角度を意識すると、余計不安定になります。

人間は「ラケットの角度」という細かいところまでコントロールできません

なので、角度を考えなくてもいいようにします。

 

カンタンです。

インパクトのカタチから逆戻ししてテイクバックをします。

そこから手首を動かさずに構えます。

 

構えから手首のカタチを決めておけば、いちいち考えなくていいですよね。

このあたりは動画をごらんください。

 

レシーブはどうする?

 

レシーブはあまり高くテイクバックするとフルスイングになってしまいます。

なので、顔ぐらいの高さに上げるといいでしょう。

 

あとは同じように肩を入れてスイングしましょう。

レシーブを安定させるコツは以下のページをごらんください。

コンパクト・レシーブ

 

まとめ

 

この方法ならテイクバックは安定します。

慣れてきて安定させることができれば、大きなテイクバックに変えていくこともできます。

まずは安定させましょう。

  • 手首を動かさない
  • テイクバックは頭より高く
  • 肩をしっかり入れる

の3つがポイントです。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - フォアハンドストロークの基本, 練習のQ&A