試合中にできるリラックス法

      2016/07/25

Pocket

試合中にできるリラックス法

 

試合は緊張しますが、必要以上に緊張すると実力がだせません。

今回は試合中でもできるリラックス法を紹介します。

 

緊張で血が止まる

 

緊張しているときというのは、

  • 呼吸が浅くなって低酸素状態
  • 血管が縮こまっている
  • 体に余計なチカラが入っている

という状態です。

この状態を解消すると緊張をほぐせます

 

そのためには・・・

  1. 深呼吸する
  2. ジャンプする
  3. チカラを入れてリラックス

の3つがあります。

 

深呼吸する

 

緊張しすぎると頭がぼーっとして、頭の回転が遅くなります。

それは呼吸が浅くなって、脳に十分に酸素がいってないからです。

しかも、心臓が余計にガンバるので、必要以上にドキドキしてしまいます。

深呼吸

そんなときには深呼吸です。

大きく深呼吸を3回して、体に酸素を入れてあげましょう。

 

ジャンプする

 

緊張すると交感神経が働きすぎて筋肉がガチガチにかたまります

そんなときは100%脱力して、軽くジャンプします。

 

ボクシングや陸上なんかで小刻みにジャンプしている感じです。

すると胃や腸が体の中で揺れ動いて、副交感神経が高まるのです。

そうすることでムダにかたまった筋肉がほぐれ、緊張がやわらぎます。

 

チカラを入れてリラックス

 

緊張すると手や足の先に血がいかなくなります。

その結果、緊張で手足がふるえたり、いつも通りの動きができなくなるのです。

 

この原因は上と一緒で、筋肉がかたまって、血が通りにくくなっているからです。

ジャンプしても治らない場合は、逆にチカラを入れてあげるといいです。

 

どういうことかというと・・・

筋肉はある一定以上縮こまったら、ゆるもうとします。

その動きを利用します。

やり方はカンタン。

  1. 手足の先から体の中心に向かって、ゆっくりと順番にチカラを入れていく
  2. 全身にチカラがはいったら、3秒そのまま
  3. そのあと一気にチカラを抜きます

そうすると手足の先まで血が流れる感覚が分かると思います。

試合中緊張しすぎだと思ったら試してみてください。

 

ストレッチする

 

チェンジコートのときにしかできませんが、一番いいのはストレッチです。

試合前などに緊張をほぐしたい場合は、ゆっくりストレッチするといいでしょう。

ストレッチ

ゆっくり筋肉を伸ばすようにストレッチすると、余計なチカラが抜けます。

すると全身がリラックスできるので、緊張がやわらぎます。

息を大きくはきながら、ムリのない程度に伸ばしましょう

 

勢いをつけて伸ばすと筋肉が壊れてケガをするので、ゆっくり伸ばしてください。

 

まとめ

 

今回は試合中にできるリラックス法について説明しました。

当たり前すぎて面白くなかったかもしれませんが、

  • 深呼吸する
  • ジャンプする
  • チカラを入れてリラックス

の3つは人間の体からしても、有効な方法です。

 

試合で緊張した場合はこの方法を使ってムダなチカラを抜きましょう。

 

カテゴリに戻る

 

記事下登録ボタン


トップへ戻るボタン

NEXT - 勝つ方法なら、ある -
勝つ方法なら、ある
  • スーパープレーができる体の作り方
  • 点を取る必殺技とは?
  • 自分の武器で戦略を立てよう!
試合に勝つための方法を基礎の基礎からお話ししています。
必死に練習しても、勝ち方をしらなければ勝てるようになりません。
本気で「勝ちたい!」と思っている方にオススメの通信チームです。

NEXTについてはこちらをクリック


Real Image - 試合で実力をだしきる -
メンタルトレーニング公開中
  • 試合で崩れる
  • 緊張で頭がまっしろになる
  • 練習通り打てない
という問題を解決します。

Real Imageについてはこちらをクリック


前衛おすすめサイト
cg
元日本代表前衛が運営する情報サイト
ソフトテニス【前衛ドットコム】


無料プレゼント
プレゼントの受け取りはこちら
目標達成術、練習ノートなどを公開しています!
すべて無料です。



Youtubeソフトテニスチャンネルはこちら
Youtubeチャンネルはこちら
チャンネル登録も↑からできます。
登録して新着動画をチェック!

トップへ戻るボタン

 - 試合で勝つためのヒント